辞書ソフト・Webサイトの一括検索ツール「かんざし」

■概要

「かんざし」は、複数の辞書ソフトや用語検索ソフトを1回の操作でまとめて検索できる、いわゆる「串刺し検索」用の検索支援ツールです。翻訳のお仕事や語学学習などで、数多くの辞書や用語集を併用される方を主な対象としています。Windowsで動作するフリーソフトウェアです。

かんざしを使うと、入力ボックスで指定した語句を複数の辞書ソフトやブラウザに送り、それぞれで検索を実行させることができます。また、ホットキー(特定の組み合わせのキー)を押すことによって、検索したソフトのウィンドウを順番に前面に出して内容を見比べていくこともできます。

AHK版かんざしの実行画面

現在公開しているかんざしには、2001年に開発した「スタンドアロン版かんざし(Version 0.2)」と、2014年に開発した「AHK版かんざし(Version 0.3)」という2種類のバージョンがあります。以下の説明を参考に、どちらか一方を選んでお使いください。

■利用するバージョンの選び方

「スタンドアロン版かんざし」と「AHK版かんざし」のどちらを使えばよいかは、次のような基準でご判断ください。

●こんな方はスタンドアロン版(v0.2)をどうぞ

●こんな方はAHK版(v0.3)をどうぞ

■バージョン比較表

スタンドアロン版
(Version 0.2)
AHK版
(Version 0.3)
導入の容易さ*1
設定の容易さ*2
辞書ソフトの検索*3
Web検索*4
ホットキーで
辞書ウィンドウ切替
ホットキーで
検索
×
ポップアップ
メニューで検索
×
検索先ソフトの
自動起動
×
クリップボード
変更時の自動検索
×
起動パラメータ
による検索*5
×
カスタマイズ性
今後の更新×

*1 AHK版かんざしは、取扱説明書をきちんと読み、その手順に従って導入と設定を行う必要があります。
*2 AHK版かんざしは、メモ帳・秀丸・EmEditorなどのテキストエディタを使った設定が必要です。また、細かな設定や高度なカスタマイズを行うときに、プログラミングの知識が必要になる場合があります。(基本的な設定のみであれば、プログラミングの知識がなくても大丈夫です)。
*3 スタンドアロン版かんざしは、辞書ソフトによっては正しく検索できない場合があります。
*4 スタンドアロン版かんざし自体で検索できるサイトはごく限られています。(代替策として、DicregateというソフトにWeb検索を任せ、それをかんざしから検索するのが現実的です)。
*5 エディタなどのマクロから、かんざし自体の起動パラメータを使って検索を実行する機能のことです。

■各バージョンのダウンロード

各バージョンの説明とダウンロードは、以下のリンク先のページからどうぞ。

■お問い合わせ

ご意見・ご質問等ございましたら、作者の内山までご連絡ください。


内山卓則